本文へスキップします。

株式会社ユーシン

井上 嵩欣

井上 嵩欣

MESSAGE

何事にも貪欲に、
興味を持って仕事をしたい!

開発本部 開発一部 機構設計一課
2013年度入社
基幹理工学研究科 機械科学 修了

Q現在の仕事内容を教えてください。

現在の仕事内容を教えてください。の写真
サイドドアラッチという車体にドアを保持する機能をもった部品の設計業務をしています。ドアを閉位置に保持出来ないと人命が危険にさらされるため、安全性に直結する大切な部品です。
設計といいますと、パソコンで図面を書いたり技術計算を行なったりする業務だけのイメージがあるかもしれませんが、実際は、機構部品同士の動きの確認や製品の性能評価、外観チェックなど、設計中の製品に触れる機会がとても多くあります。まだまだ設計としては未熟ですが、自分の目で見て、触って、音を聞いて仕事をするようにしています。

Q入社を決意した決め手はなんですか。

決意した決め手はなんですか。の写真
小さなころからものづくりやプラモデルが好きだった影響で、「設計という仕事をしてみたい」という漠然とした想いがありました。
その後、大学で機械科を専攻していたときに、自動車業界で働いていた先輩に話を聞かせてもらったことで、車に関わる仕事をしてみたいと思うようになりました。
また、ユーシンは国内主要自動車メーカーだけでなく、海外の多数のメーカーに受注を受けていたことから興味を持ち、「世界を視野に競争力をもった製品を製造しているユーシンでものづくりがしたい」と思い、入社を決意しました。

Q学生時代の経験で、いまの仕事に役立っていることを教えてください。

研究を進めるための「計画性」が仕事でも役立っています。卒業までの期間に限りがあることや、検証内容の多さ、設備や装置を使うことのできるタイミングなど制約がある中、効率よく研究を進める必要があり、計画的にできるようになった経験があります。
仕事をするうえでも、社内外さまざまな方とやりとりをするため、効率よく計画的に進める必要があります。学生時代の研究は、今にも生かせる良い経験だったと思います。

Q入社後、一番印象的だったできごとはなんですか。

普段は作業着を着ている先輩の結婚式での衣装姿、立ち振る舞いが強く印象に残っています。年齢の近い身近な先輩なので、仕事上でも人としても目標にしたいと思える格好良さでした。
また、先輩の同期入社の方々がとても嬉しそうだったのを良く覚えています。同期という存在は嬉しいことを共有・共感できたり、仕事でつらいときや失敗して落ち込んだときなどに支えあったりすることのできる、かけがえのないものだと改めて思いました。

Q仕事において、心がけていることや、決めていることはありますか。

仕事において、心がけていることや、決めていることはありますか。の写真
「何事にも興味を持って、貪欲に知識・経験を吸収する」「分かったこと・分からないことを整理する」という2つを心がけています。
配属した直後は分からないことがほとんどだったため、早く慣れるべく着目できる箇所を探し、興味をもって仕事をするようにしていました。よく考えて仕事をするスタンスが身についたと思います。
また、仕事に慣れてくると、なんとなく分かったことつもりになっていることが出てきます。意外と自分で説明できず、曖昧なまま覚えていることを思い知らされました。今では「分かったこと・分からないことを整理する」ようにしています。

Q休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。

休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。の写真
東京出身で入社するまでは広島を訪れたことがなかったため、入社後しばらくは広島観光・市内散策が休日の楽しみでした。昔から旅行先などでおいしいご飯屋や飲み屋、酒屋などを探すことが好きで、今は広島での食生活を充実させるために、お気に入りのお店を探しています。
また、最近は、お酒に合う料理にも挑戦しています。見つけてきたおいしいお酒とセットで楽しめるよう、レパートリーを増やすために頑張っています。失敗することもありますが、上手に作れたときはやはり嬉しく、今では良い趣味となっています。